市民活動を広げるヒント 『寄付』

講師 : 土谷和之さん(NPO法人まちづくりセンターかながわ 理事)

講師は、三菱総研勤務の傍らいくつものNPOで活動し、NPOの運営講座などにおいても活躍している方です。
 NPOの資金調達方法としては、 ○自己資金、会費、寄付金・協賛金、自主事業収益、住宅事業収益、補助金・助成金、融資等があること ○その中で、寄付金にはこれまであまり重点を置いていないNPOも多かったが、税制の改正もあり、今後の増加が期待されること  ○寄付金には、出さない年があってもよいし、年によって金額を変えてもよい等会費とは違った長所があること ○資金の使途を明確にする、団体の信用力をつける、リーダーが直筆で要請する等努力次第で継続的な寄付を受けられるようになり、安定財源となることなどのお話しがありました。
 その後、受講者は5、6人ずつのグループに分かれ、「活動を広げるために必要なこと」と「情報発信や人を使うのに必要な資金をどう調達するか」とについて討議し、発表しました。熱心な討議と発表の後、講師のまとめのなかで、寄付やプロボノについて継続的なものとするため、ウェブサイトを用いて恒常的に寄付者や協力者に発信を続けることやホームページ、ブログ、メーリングリスト等を組み合わせてNPO活動の可視化を図ることが大切だと話されました。

講師、土谷さんのお話。資料がたくさん配布された。
ワークショップ後の発表風景。

開催情報

開催日時 平成23年7月23日(土)  10:00-12:00
場所 あすぴあ会議室
費用 無料
お申し込み方法 終了しました